無料ブログはココログ

リンク

2007年12月23日 (日)

毎年恒例の年末リリースラッシュ

今年もX'MAS商戦に合わせて、

これでもかってなぐらいの大量の新譜がリリースされました。

中でも一番の目玉となるのが、

前作から6年振りとなる、

通算5作目の WU-TANG の新譜、

「8 DIAGRAMS」 です。

(ちなみに、

本作のタイトル 「8 DIAGRAMS」 は、

WU の2ND作の当初のタイトル候補でもありました。)

今日、久々の休みが取れたので、

タワレコに行って買ってきました。

まだ一回しか通して聴いていないのですが、

さすが WU とも言うべきか、

相変わらず時代を無視した楽曲群が並んでいて、

期待どーり、素晴らしかったです。

他には、

同じく WU のソロ・ワークスとしての GHOSTFACE 、

LOX の STYLES 、BEANIE SIGEL 、WYCLEF 、

CHINGY 、PITBULL 、GUCCI MANE 、

SCARFACE 、LUPE ・・・と、

10枚ほど購入しました。

これから少しずつ聴き込んでいきたいと思います。

 

昨年末同様、

今年も “個人的な2007年のランキング” を、

シングル(楽曲)部門:1回、

アルバム部門:2回(前後編)に分けて、

掲載する予定です。

お楽しみに!

 

 

 

 

2007年11月 4日 (日)

バイヤー諸君

週末の連休は二日ともよい天気だったが、

生憎僕は風邪をひいたらしく、

その内の一日、つまり今日を、

布団の中で悶え苦しみながら過ごすハメに陥った。

昨日、やけに悪寒が背筋に走るのを押し切って、

外出したのがアダとなってしまった。

その外出した先の一つがタワレコだったのだが、

最近、姫路のタワレコのHIP HOPコーナーの

新譜の品揃えの悪さに思わず閉口してしまう。

何度、“店にクレームを付けようか?!”と考えたことか。

・・・・・

僕は、雨が降っていない限りにおいて、

毎週末、必ずタワレコに通っているのだが、

毎週は買わないにしても、

2、3週間おきに4~6枚くらいは新譜を買っている。

その新譜購入に際しての情報源となっているのが、

主に NOTRAX のニュースと、

BILLBOARD TOP RAP ALBUMS

それに立ち読みする bmr なのだが、

NOTRAX は別にしても、

BILLBOARD と bmr で気になってチェックした新譜に関して、

姫路のタワレコでお目に掛かれる比率は、

50%に満たない程度だ。

この打率は、

最大手輸入CDショップを謳っているチェーン店にしては

かなりお粗末な結果だと、

僕はあえて厳しい苦言をタワレコ姫路店に申し立てたい。

どメジャー作品はまあ当然として、

インディー作品に対してのフォローがあまりに偏りすぎているのが

ものすごく気に掛かる。

 

 

 

 

2007年10月 6日 (土)

新譜速報

先週末に購入した作品、4タイトル、

CHAMILLIONAIRE 、

WILL. I. AM 、

TWISTA 、

RICK RO$$ のそれぞれの新作を

今週は集中的に聴いているのだが、

中でも頭一つ以上抜け出たクオリティーを醸し出しているのが、

CHAMILLIONAIRE でした。

彼にとってはメジャー2作目となる本作。

前作も素晴らしい出来映えだったのですが、

本作ではより洗練された仕上がりを見せており、

完成度の高さでいうなら、

秀作だった前作を遥かに凌駕しております。

 

彼の楽曲の素晴らしさは、

フックとヴァースが

流れの中で完全な調和を宿している点に

あると思うのですが、

そういった楽曲について

彼以前のトレンドを遡って考察してみると、

HIP HOPの時代の流れが浮き彫りにされてきますね。

2007年9月29日 (土)

色々あったりなかったり・・・

書きかけの記事のまま、

このブログについて

そのままフェイド・アウトしてしまいかねませんでした。

あれから色々あったり、なかったり、、、

とにかく僕自身は毎日奮闘しながら生活してきました。

確かに仕事は多忙を極め、

(今月が決算月だったので余計に!)

紛糾していたのですが、

実際問題、

ブログがまったく書けなかったというほど、

時間を忙殺されていたワケではありません。

やはり、

このブログに対する自身の情熱、

希求心というモノの冷めゆくのを

留めることができなかったのです。

 

結論から言えば、

このブログはもう少し続けます。

ただ、以前のようなレビューは書かないかもしれません。

 

さて、

せっかくなのでHIP HOPの話題。

T.I. 以降も僕は新譜を買い続けています。

世間では KANYE と 50 の話題で持ちきりですが、

僕は今回は 50 の方が良いという感想です。

50 嫌いなんだけど、

まったく灰汁を感じさせない KANYE の今作には

ほとんど興味が持てませんでした。

そんな 50 や KANYE より気に入っているのが、

KEITH MURRAY の久々の新譜と、

SWIZZ の新譜でした。

それから、

まるで時間が止まっているかのような

旧態依然とした作風の BIG SHUG の新譜も

昨今のシーンからは完全に浮き立ったカンジでよかったです。

PRIMO との絡み具合もさすがです。

KWELI や MONCH の新作は

賭けていた期待が大きかっただけに、

想像を超えるモノを得ることはできませんでした。

他にも20タイトルくらい購入したのですが、

特筆すべきところはありません。

 

こんなカンジです。

 

また書きます。 

 

。。。。。

。。。。

。。。

 

 

2007年7月 9日 (月)

少数精鋭

先の週末、

久々にタワレコに行って漁ってきました。

狙っていた PHAROAHE MONCH の新作と

KRS と MARLEY MARL の合作をゲット!

ついでに T.I. の新作もゲット!!

収穫はこの3枚だけだったのですが、

これだけでもう充分腹が膨れるってなぐらいの、

個人的には大満足な買い物でした。

2007年6月24日 (日)

滞る更新

この2ヶ月あまり

死に物狂いで働いてたのだけれど、

疲れきって帰宅すると、

もう何をする気力も沸いてこない。。。

ジムもこの二ヶ月で行ったのはたった1回だけだし、

このブログも今月の更新は、

この何の意味もない記事も含めてようやく3回目だという。。。

プライベートでの今の唯一の楽しみは、

何年かぶりに読み直している

ドストエフスキー の 「罪と罰」 くらいです。

コイツを読みながら

日中の疲れやストレスから開放されるかのように、

眠るのです。

トルストイ の 「戦争と平和」 は

何度も読み返したいと思う作品ではないのですが、

「罪と罰」 は何年かに一回は読み返すような、

そんな周期が僕の中に出来上がっています。

そういえばこの月の頭頃と先週末に

新譜と昔の作品を併せて12枚ほど買ったのですが、

先週末に買ったモノなど、

一聴どころか、

まだタワレコの袋に入ったまま、

封も切られていない状態です。

。。。。。

決して仕事が好き過ぎるというのではないけれど、

今の生活はあまりに時間を忙殺されすぎていて、

どうにか今の負のサイクルにも近しい生活を

早急にも抜け出さなければ、

本当にマイってしまいそうです。

・・・・・

ヒデえ話!!

 

 

2007年5月13日 (日)

休日

今日は休日。

先週一週間は、

連休明けの勢いで怒涛のごとく依頼が舞い込み、

まったくテンテコ舞いだった。

身体の芯まで疲れ切ってしまった。

そんなワケで、

今週末、せっかくの土日の連休も、

溜まっている案件を処理する為、

土曜は休日出社で働き、

日曜の今日は今日で、

免許更新に出掛ける為、

いつものごとく早朝に起きて仕度しなければならなかった。

更新日の期限が今日で切れるということもあり、

仕方がないのである。

今の仕事量からすると、

平日に更新なんてとてもじゃないけどムリな話だ。

 

都合上、明石まで出ないと更新できないということなので、

新快速で明石駅まで向かい、

久々にバスに乗り継いで免許センターに到着した。

午前9時半を回った頃で、

センターの中は早くも行列ができている。

僕はウォークマンで音楽を聴きながら、

持参した森鴎外の文庫全集を読んで、

列に並んだ間の時間を過ごした。

30分ほどかけて写真撮影まで済ませると、

今度は違反者向けの講習を受けた。

12時に講習を終え、

新しい免許を受け取ると、

またバスに揺られて明石駅に戻り、

駅地下の食堂で昼食を摂った。

生ビールととんかつ定食だったが、

猫舌のクセにせっかちな僕は、

とんかつの一口目から、

いつものごとく口内を火傷し、

後はほとんど味がわからなかった。

外食すると、

ほとんどこうなる。

 

食後、

せっかく明石まで来たので、

このまま駅を移動して、

海を眺めながらぼんやりとしようと思い立った。

舞子まで切符を買い、

鈍行に乗って移動する。

 

関西外にお住みの人には

あまり知られていないかもしれないが、

舞子は、

淡路島と本州を結ぶ明石大橋の架る、

本州側にあたり、

JRの駅を降り、

南口から出ると、

目の前には、

広がる瀬戸内の海と、

その対岸の淡路島、

それらに架る雄大な明石大橋の光景が、

その目に飛び込んでくる。

今日は天気も良く、

その光景はすこぶる素晴らしかった。

 

Bridge_007_s2  

 

 

 

 

 

 

 

 

初夏の陽射も、

強い風と相俟って心地良く思えるほどで、

僕はベンチシートに腰掛けながら海を眺め、

森鴎外の作品を幾つか読んでそこで過ごした。

心身共に疲弊し、磨耗し、小削ぎ取られていた

日々の生活から抜け出した、

開放の瞬間。

目の前を中型のタンカーや小型の船が、

西から東へ、

東から西へ、

ゆっくり緩慢な進み具合で行き交うのを

ただただぼんやりと眺め、

本を読み、

また海と空を眺める。

コレって最高!

 

1、2時間ほどそこでチルっていると、

何だか無性にビールが飲みたくなった。

駅隣のビルの2階にあるカフェに入り、

窓際の席に着いて、

生ビールを一杯飲み、

その間に 「山椒大夫」 を読んでしまった。

 

4時頃、帰宅し

少し居眠りをして、

夕方頃、

夕焼けの姫路の街の景色を眺めながら

自転車を駆って走った。

日が沈むまで、

空が紺青のグラデーションを成すまで、

時間を掛け、

ゆっくりサイクリングをして、

帰宅すると、

薄暗がりの中、

静かに缶ビールを飲んだ。

 

今日は何だかんだで、

良い休日だったな。。。

 

 

 

2007年4月24日 (火)

極悪

僕は普段、

自分で言うのも何ですが、

結構、気の良い人間だと思っています。

例え相手側の不備で

店にクレームをつける時だって、

高圧的に詰め寄ったりはせず、

できる限り相手側に理解を示しつつ、

自身の希望を遂げさせるように交渉していますし、

挨拶とありがとうの言葉は

日常的に心掛けて使用するようにしています。

歳をとるにつれ、

とんがっていた性格の部分も

次第に丸みを帯びてきていますし、

現在の実生活中において、

社会に触れている部分に対し、

社会悪となるべきような性質を

今の僕はほとんど持ち合わせていないのではないか・・・と。

。。。。。

。。。。

。。。

でも、

そんな NO MORE MR. NICE GUY な僕なんですが、

(自分で言うと安っぽいな・・・)

ある状況下においてだけは、

比較的穏やかだった性格が豹変してしまいます。

それは、

車を運転している時、

と、

部屋で音楽を聴いている時、

です。

ハンドルを握ると人格が豹変する、

ってのはよく聞く話ですが、

実は僕はそのタイプなのです。

だから運転が荒い。

特に一人で運転している時は

かなり荒いです。

もう一点、

音楽を聴いている時、

やはりというか、

一人暮らしのアパートで、

例え深夜だって手加減なく、

結構な音量で音楽を聴いているものですから、

しかもそれがHIP HOPなのだから、

当然、ベース音が響き渡ります。

僕の今住んでいるアパートは、

比較的に防音対策がしっかり成されているのでしょうけど、

深夜の静まり返った中では

やはり目立って響くようです。

まあ、

僕もそれほど毎晩遅くに音楽を流しているワケでもないので、

周りの人達にも許してもらえているんだと思いますが、

確かに迷惑でしょう。

三週間ほど前、

深夜1時頃、

相変わらずの結構な音量で

THE GAME の作品を流していたら、

明らかに抗議と受け取れるやり方で、

上の階に住む人から

ドスンッドスンッと天井を踏み鳴らされました。

僕が極悪なのはここからです。

明らかに非は僕の方にあるのに、

僕は相手の抗議のメッセージに対し

激昂するのです。

激昂した僕は、

ロフト部に上って、

天井を殴り返し続けました。

げん骨の皮が擦り剥け血が滲み出すまで

天井を殴り続け、

今度は足で天井を蹴り上げ続けます。

その蹴り上げる足に

あまりに怒りの力を込め過ぎた為、

天板の一部を破損してしまうほどでした。

相手はこの反撃の狂態に恐れをなしてか、

すっかり前におとなしく身を潜めているにも拘らず、

僕はいわゆる逆ギレ的な怒りの尾を

執念深く引き摺らせながら、

自室の天井の一部が破損するまで

天井を殴って蹴って、

相手の正当な抗議に対しての反撃を続けていました。

。。。。。

そういえば、

僕が大学生で一人暮らしをしていた頃も、

音楽生活に関してはかなりヒドかったと思われます。

大学4年間をそのアパートで暮らしていたのですが、

その内の3年間の間に、

両隣の人と階上の人は引っ越してしまい、

大学最後の一年間は、

僕の部屋の周囲は空室ばかりでした。

上の階の人などは

何度か抗議の意味を込めて床を踏み鳴らしていたのですが、

そうすると僕は

更に音量を上げた上で、

軟球だか硬球だかの野球のボールを取り出して、

天井に目掛けぶつけ返していました。

執念深く、延々と。。。

両隣の住人はおとなしく、

早々に引越ししてしまったのですが、

階上の住人はなかなかしぶとかったです。

時々、発狂したかのように、

窓を開けて抗議の叫びを僕に

投げ掛けてくれていたりもしたのですが、

そうすると僕も窓を開けて

逆に激昂して叫び返していたりもしました。

ある日など、

直に抗議をしに僕の部屋に訪ねてくれたりもしたのですが、

顔色を蒼白に染めて殴り込んで来た彼の

追い詰められたかのような気迫溢れる憤怒に対し、

僕は人慣つっこい笑顔で、

“ゴメン、ゴメン、兄ちゃん。今度から気い付けるわ”

とあっさり言ってやると、

彼は拍子抜けしたように帰っていきました。

もちろん、

その後も “気を付ける” ことはなかったのですが。。。

そんな階上の住人も

やがて諦めて引越して行きました。 

・・・・・ 

・・・・

・・・

この三週間、

上の階の人はすっかりおとなしくなっています。

上の階の人、

ごめんなさい。

それにしても、

壊れたこの天井、どうしましょ?!

 

 

 

2007年4月15日 (日)

ヒドい話

そういえば、

昨日、14日は僕の誕生日でした。

L.A.にいる友人が唯一、

メールをくれていました。

僕はってえと、

週始めから体調が悪かったのですが、

今月に入っていきなり大手の会社を担当することになったので、

休むわけにもいかず、

死に物狂いで働いていたら、

段々体調が悪化して、

金曜には倒れる寸前。

昨日の土曜も回復したと思ったけど、

結局、発熱がぶり返していました。

体温計がなかったので、

正確に熱がいくらほどあったかは知りませんが、

とりあえず光を見ると涙がボロボロ出てたので、

金、土曜はけっこうヤバかったと思います。

 

そんな誕生日の土曜、

昼過ぎまで仕事をし、

それから実家にヤボ用で帰りました。

パスポートを更新しないといけなかったことに

今更気付いた為、

それを取りに帰ったのでした。

帰ってパスポートを探すと見当たらない。

どうやら前もって実家から持ち出していたようで、

まったく無駄足に終わりました。

しかたなく姫路に戻り、

アパートでパスポートを見つけると、

そいつを持って姫路市の観光局だか何だかに、

体の節々が痛むのを押して行ってみました。

ところが、

今度は観光局が休みで閉まっている。

元気だったらそのまま姫路城の周りを散歩して、

今年最後の花見でもするのですが、

体調がどんどんヒドくなってきていたので、

おとなしく帰宅することに。

夕方5時頃帰って、

冷や汗やら脂汗やらでグッショリとなった衣服を洗濯機に放り込み、

スイッチを押して、

僕はそのまま速攻、布団に潜り込みました。

夜中、何度か体の違和感に目を覚ましましたが、

気付けば14日は終わっていました。

なんてステキな誕生日!

日が明けて、今日、

朝一番、体調が大分楽になったと感じながら、

昨日回しておいた洗濯機を開けて、

洗濯物を干していくと、

ジャケットのポケットの中に入れたままだったパスポートが

グシャグシャになって現れました。

070415_1014001  

 

 

 

 

 

 

ヒドい話だ。

結局治ったと思ったのも唯の勘違いだったようで、

昼間からまた発熱し始め、

僕はまた寝込んで今日一日を潰してしまいました。

 

ヒドい話!!

 

 

P.S.

ユキモト、

僕がどんなステキな31歳になったか、

L.A.の仲間たちに伝えておいてくれ。

070318_1946001  

 

 

 

 

 

 

ホラ!

とん○りコーンを五指に、

しかも二個ずつ挿して、 

“悪魔の手”

とか言って喜んでいる、

昨日から31歳、

独身、

彼女募集中、

I'm living everyday like a hustle

Another drug to juggle, another day another struggle!!

 

 

2007年4月11日 (水)

大漁!

先週末の話でナニですが、

日曜、

ここぞとばかりに花見をしに・・・

というワケでもないのですが、

毎週末の慣例でもあるサイクリングで姫路城へ出掛けると、

黒山の人だかり。。。

桜はその時、

まだ6、7分咲きくらいだったのですが、

そんなのは実際どうでもいい話で、

とりあえず酒持って来い!

みたいなノリで、

姫路城前の広場ではたくさんの人が

昼間から酒盛りに励んでおりました。

酒盛り以外の観光客も

皆ひっきりなしにカメラやらケイタイやらで

写真を撮りまくっております。

確かに白壁の城の雄然たる姿と

薄ピンクの桜の花の色の相性は

何とも言えず絵になりますね。

それにしても日本人は本当に桜が好きなんですね。

 

負けてなるものか!

せっかくなので僕も花見気分味わおうと、

ポケットにウイスキーのミニ・ボトルを忍ばせていました。

そして、

これまたポケットに忍ばせて持ってきた

ランボオの詩集を耽読しながら、

ストレートで飲み続け、

一時間ほどで空けてしまいました。

時々、空やお城や桜の木々や、

それらに酔いしれている花見客や観光客を眺めながら、

ラッパでボトルを空けていき、

更に一時間ほどランボオを読み耽り、

夕暮れ前にその場を後にしました。

 

それから タワレコ に寄り、

久々に新譜を大量に仕入れました。

全部で11枚。

内、2枚は2枚組みの作品。

これでしばらくは新譜三昧の毎日である。

それから、

BIGGIE についての伝記物を一冊買った。

コレは見た目からして、

内容についてまったく期待できそうにない、

いかにも三流な作りだったが、

果たして、

数ページどころか、

数行読むだけで、

その体たらくぶりが露呈されていた。

まあ、しかし、

僕のラップ・アイドル、

BIGGIE のことなれば、

買わずにもおけないか。。。

そのくせ、

最近出たオフィシャルのベスト盤は買ってないけど。

でも、

あれはなかなか選曲が良いです。

抜かりなくポイントを突いているので、

ヘタなアーティスト作品なんかより断然お勧めできます。

 

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31