無料ブログはココログ

リンク

« スタイルは強い | トップページ | H-TOWNマナー »

2007年7月 2日 (月)

イナセだね。。。

どーも、、、

3週間前に購入した6枚分の作品の内、

まだ未だに1枚しか開封していない YOU です。

今日こそはちゃんとMP3に落として、

聴くように努めてみます。。。

 

そんなワケで、

今日紹介するのは、

CAM 他、DIPSET 勢の作品でもお馴染みの

プロダクション・チーム、

THE HEATMAKERZ の新作、

「THE RUSH」 です。

51exmwm4ddl  

 

 

 

 

 

 

 

いわゆる狂ったビートが独創的な、

現在のN.Y.シーンの最先端といっても過言でない、

プロデューサー・チームの THE HEATMAKERZ 。

彼ら共々、

DIPSET 勢としての初陣の頃の衝撃は

未だに生々しく思い出されます。

よくもまあこんなイカレたビートに、

更にイカレたようなビート解釈をしたフロウを乗せれたものだ!!

 

本作では革新的とまでは言えませんが、

彼らなりに充分に狂ったビートが用意されていて、

そこそこに楽しめます。

今となっては懐かしい45回転ネタ使いとか、

結構、郷愁を突いてくる楽曲群が多いです。

そのくせ、ビートがエグい。。。

③とかなんて、

いかにも彼らの代名詞的なブチギレ方です。

こういうの、嫌いじゃありません。

⑩や⑭の楽曲としてのひしゃげ方も

非常にステキです。

逆に残念なのが、

参加しているアーティストが力量不足な点。

御馴染みの DIPSET からは、

②の J.R. WRITER 、

⑫の JIM JONES のみ。

この他、

⑥での PEEDI CRAKK は、

彼の最近の好調ぶりを充分に感じさせられるのですが、

その他は新進気鋭の若手が並ぶのみで、

少し面白味にかけてしまいます。

 

THE HEATMAKERZ の創り出す楽曲の魅力って、

やはりその変態的なオケに対するカウンターとしての、

変態的なフロウに相応するところが大きいのではないかと、、、

本作を以って改めて認識させられました。

 

オススメ度 6.5

(ラップ:1.2 トラック:1.6 キャラ:1.1 話題性:1.1 構成:1.5)  

 

 

« スタイルは強い | トップページ | H-TOWNマナー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4428/6976599

この記事へのトラックバック一覧です: イナセだね。。。:

« スタイルは強い | トップページ | H-TOWNマナー »

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31