無料ブログはココログ

リンク

« ジン | トップページ | ある日常の風景 »

2007年1月27日 (土)

90’S!?

久しぶりに新譜を紹介します。

今回も南部産の作品になります。

現在の南部産HIP HOPの隆盛を決定付けたのが

CRUNK だったのですが、

今回はその CRUNK MUSIC の火付けの立役者でもある、

YING YANG TWINS の新作、

「CHEMICALLY IMBALANCED」 について書きたいと思います。

200pxchi_1  

 

 

 

 

 

  

 

本作とはまったく関係ないのですが、

どこで何をどう勘違いしたのか、

YING YANG と、

NO LIMIT に所属していた真正の双子のラップ・デュオ、

KANE & ABEL を混同してしまっていました。

きっと双子つながりで混乱していたのでしょうが、

そういえば YING YANG って、

今更ながらですが本当の双子ではなかったですね。

 

さて、結構なハイ・ペースで作品をドロップしている彼らですが、

前作ではガナリ立てる CRUNK の性質とは真逆の、

WHISPER RAP (ささやきラップ) なる新展開を見せて、

大盛況だったのはまだ記憶に新しい所です。

そんな彼らが本作で見せる新展開は、

なんと言っても、

THE FUGEESWYCLEF JEAN

プロデューサーに迎えた点だろう。

本作の楽曲制作は大きく分けて、

MR. COLLIPARK と、

件の WYCLEF の二人による担当がほとんどを占めている。

作品の前半、②から⑥を MR. COLLIPARK が担当し、

中盤、⑪から⑮までを

WYCLEF が相棒の JERRY WONDA COLLIPARK の連名で、

そして終盤、⑰、⑱を再び COLLIPARK が単独で担当している。

コレを見ても分かるように、

本作の COLLIPARK の占める割合の高さから、

彼がキー・マンとなると言うのは確かなのだが、

彼との相性の良さは前作を以って証明されている。

やはりどうしても気になるのが

WYCLEFJERRY WONDA の存在だろう。

 

順を追って簡単に解説していくと、

まず前半で一番耳に引っ掛かるのが⑤になる。

小気味の良い打ち込みバウンス系のオケに、

SCREWED 加工されたフックの絡みが

何ともいえないグルーヴを産み出している。

続く⑥で思いっきりレイド・バックさせ、

一呼吸おくところもなかなか構成的には妥当だと言えるでしょう。

BRIAN “B” TEALER なる人物が手掛ける、

オカルティックで緊張感の漲った⑩に続いて、

⑪から本作のヤマ場となる WYCLEF ゾーンに突入。

特にその色が強いのが、

ギターが前面に押し出されら⑫だろう。

WYCLEF 自身がコーラスでも参加しており、

正にその色に染まり上がった一曲なのだが、

ここでの YING YANG の二人が

特に違和感なく溶け込んでいると言うのも

なかなかに見物である。

ちょっとベタ過ぎる⑬も含め、

ここまでの構成としては何だか‘90年代の楽曲を聴いているような、

そんな既聴感を味わう。

そんな本作の中で僕が一番気に入っている曲が、

疾走感のあるピアノのループ心地良い⑮だ。

この曲も真新しいものを感じないのだが、

それこそ最近のレビューでよく名前を出す

2 PAC がやっていてもおかしくないようなオケである。

最終曲⑱でINTRO①と同じオケを持ってきて

本作は幕を閉じる。 

 

前述したが、

本作は真新しい試みとして WYCLEF を制作に

大々的に招いているのだが、

その効果として作品全体に

まったく真新しさを感じさせないというのが

正直な感想です。

それが悪いと言うのではないけれど、

やはり作品の印象としては

そうしても凡庸のイメージが拭えない。

彼らの場合、

元々、CRUNK なんてハッチャケた畑からやってきたのだから、

もっととんでもないことをしないと、

現状維持程度だと

どうしても物足りなさを覚えずにはいられない。

カルマである。。。

 

オススメ度 6.8

(ラップ:1.3 トラック:1.4 キャラ:1.5 話題性:1.3 構成:1.3) 

 

  

ちなみに、

上記の オススメ度 なんだけど、

自分の中でリセットした状態で評価し始めているので、

今年に入ってからの評価は

どれも厳しめに付けるようにしています。

昨年末の飽和した状態での評価と比較して、

各項目で大体、

-0.1~-0.2くらい差し引いているので、

総合となる オススメ度 も-0.5~-1.0くらい

評価が下がっています。

 

 

« ジン | トップページ | ある日常の風景 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4428/5101721

この記事へのトラックバック一覧です: 90’S!?:

« ジン | トップページ | ある日常の風景 »

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31