無料ブログはココログ

リンク

« パンチのないのが武器?! | トップページ | 起死回生の一撃 »

2006年11月 5日 (日)

のろ口ラップの帝王

元ギネス男の TWSITA や、

初期の JAY-ZEMINEM

ロング・ブレスの

KOOL G RAPPHAROAHE MONCH

BIG PUN らを称して、

世に “早口ラップ” という言葉があるのだから、

逆に “のろ口ラップ” があってもいいと思うのは、、、

きっと僕以外誰もいないでしょう。。。

・・・・・

もし、、、

もしそんな “のろ口ラップの帝王” を決定するなら、

皆さんは誰を推しますか??

CAM'RON とか、

彼の舎弟の JUELZ SANTANA とか、

なかなか良い線いってるんですけど、

やはりこの男にはかなわないでしょう。

。。。。。

というワケで今回は、

WU-TANG CLAN 一軍メンバーの中でも

一番地味な存在である

MASTA KILLA の2ND作、

「MADE IN BROOKLYN」

紹介したいと思います。

200pxmadeinbrooklyn   

 

 

 

 

 

 

 

WU-TANG デビュー後、

10年経ってようやく自身のソロ作品を

ドロップさせたこの男。

2NDはさらに10年後だろうな、、、

なんてタカを括っていたら、

なんと短いスパンで本作をドロップしてくるのだから、

ほんと、ワケわかんないです。

まあ、そのワケの分からなさが

WU-TANG の魅力でもあるのですが、

当メンバー内でも、

一番謎に包まれた男である彼、

MASTA KILLA. 。

というより、

個性豊か (というか、個性が爆発しすぎた) な

他の WU メンバー内にあっては、

彼の存在がメディアに取り上げられるのも

限られてくるワケです。

 

さて、

冒頭で取り上げた “のろ口ラップ” について、

彼の纏わり付くような言い回しや、

もたついたフロウは、

一種独特で、

個性豊かな WU メンバーにあっても

引けをとらない妙味があります。

僕は U-GOD とか彼とか、

結構好きです。

イヤ、天邪鬼な僕は

むしろ彼らを多め (?!) に応援しているくらいです。

そんなワケで、

少し贔屓目で

MASTA KILLA の2ND作となる本作を

傾聴していってみましょう。

 

まず、本作で目が行ったのは、

RZA の製作曲が一曲もないところです。

変わりにといっては何ですが、

M.F. DOOM や、

PETE ROCK の製作曲があるというのは、

皆さんの興味を俄然惹くトピックスとなるでしょう。

その問題の、

M.F. DOOM 製作による②は、

さすがというか何というか、、、

かなりキテます。

すげーな、M.F. DOOM

ちょっと尋常じゃないですね、このオケは。

こんなBPMの遅い曲は、

正に “のろ口ラップの帝王” の為に

用意されたかのようです。 

⑥は WU から U-GODRZAMETH

参加した曲になるのですが、

この曲の面白い点は、

主役であるハズの MASTA KILLA 以外の

全メンバーのキレ方が

非常に素晴らしいという所です。

特に RZA は素晴らしい!

ってか、MASTA KILLA

頑張りなよ。。。

⑦は本作の中でもハイライトとなる曲でしょう。

珍しくアグレッシヴなオケ中に

ガッチリ組み合った MASTA KILLA

もたつくようなラップは

聴き応えがあります。

続く⑧は、

前述の PETE ROCK 製作曲になるのですが、

これは特筆するほどの仕上がり具合ではありません。

⑨は無感情なラップの MASTA KILLA には珍しい、

ドラマティックなオケに、

シンガーまでもが参加した曲になります。

ってか、この曲、

MASTA KILLA いらんやん!

彼抜きでも充分成立するような曲なのが

微笑ましく、可笑しいです。

他にも、

④で RAEKWONGHOSTFACE が、

⑩で INSPECTA DECK GZA が、

WU 本隊から参加していて、

色の薄い主役の脇をガッチリ固めています。

 

作品全体を通じて、

BPMが遅めなので、

まあその辺り、

彼のキャラクターと併せて

ゆっくり楽しむことが出来るのではないでしょうか?

インディーからドロップされた作品で、

そういった点では

作品全体にダイナミズムを感じられないのですが、

それも込みで、

MASTA KILLA という男のカラーが

よく現れている作品に思えます。

 

オススメ度 6.7

(ラップ:1.5 トラック:1.4 キャラ:1.3 話題性:1.2 構成:1.3) 

 

 

 

 

« パンチのないのが武器?! | トップページ | 起死回生の一撃 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4428/4075897

この記事へのトラックバック一覧です: のろ口ラップの帝王:

« パンチのないのが武器?! | トップページ | 起死回生の一撃 »

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31