無料ブログはココログ

リンク

« 皆大好き GHOSTFACE | トップページ | LADIES LOVE ... »

2006年4月27日 (木)

立ち読みで過ごす午後 3

いよいよこのタイトルもシリーズ化してしまいましたが、

こう立ち読みばかりしていると、

僕もつくづくヒマ人なんだなあと、

我ながら改めて深い感慨を受けたりなんかしちゃいます。

 

というコトで、今日もいつもの大型書店で

正午から3時間ばかり立ち読みしてきました。

今回は珍しく時事問題に乗っかってみようと思って、

“チェルノブイリ” 関連の本を読もうと考えていました。

若い人は知らないかもしれませんが、

ウクライナがまだソビエト連邦領とされていた頃、

現在のウクライナの首都キエフから

北に100kmほどの所にある都市チェルノブイリ近郊に

設営された原子力発電所が爆発事故を起こしました。

それがちょうど20年前の4月26日だったということで、

最近、その事件についての記事を

新聞やネットでちょこちょこ見かけていて、

気になっていたのです。

20年前、僕が小学生の時、

そう言えば、雨が降った時はあまり外に出ないように!とか、

そういうことを親や先生に言われたの

なんとなく覚えています。

小学生の知識程度に、

チェルノブイリの原発事故のコトも耳にしたのを覚えています。

しかし、そこは小学生ですから、

放射能汚染された雨よりも

休み時間のドッジボールや、

給食の大嫌いなメニューについてや、

夕食後に見るテレビ番組の方に

余程大きな関心を示しているようなガキだったので、

僕の “チェルノブイリ” に関する記憶は

前述した程度に止まります。

というワケで、良い機会なので

改めてきちんと勉強しようと思って

今日の立ち読みを計画していたのです。

。。。

しかし、

どれだけ探しても関連書籍は一冊も見当たりません。

歴史書コーナー、時事コーナー、国際政治コーナー、

地理・紀行コーナー、外国人作家コーナーから、

果ては生物学コーナー、医学書コーナーに至るまで

探して回ったのだけれど、

まったく、1冊も、関連書籍が見当たらなかったのです。

あるいは、それは

僕が見当ハズレの場所を探していただけかもしれませんが、

見つけられなかったのは結構ショックでした。

それとも、もしかすると、

それほどにこの話題ってタブーなんでしょうかね?

。。。。。

で、結局、今回僕が読んだのは、

“世界中に起こった、あるいは継続中の紛争”

についてのレポートと、

ポール・ゴーギャン (PAUL GAUGUIN) の画集でした。

紛争についてのレポートは

近代史以降の支配戦争から、革命戦争、テロ、内戦、

宗教対立、民族対立、国家間の領有地を争う紛争にいたるまで、

なかなかわかり易く分類され、

それぞれについて歴史的背景や現状などの詳細が

簡易にまとめられていました。

非常に興味深い読み物でした。

 

ゴーギャンの方は

最近読んだ サマセット・モーム (SOMERSET MAUGHAM)

小説 「月と6ペンス」 (原題「THE MOON AND SIX PENCE」)

影響からです。

01996173  

 

 

 

 

この小説は天才画家ゴーギャンをモティーフに

描いていることで有名ですが、

単純な僕は早速この小説に影響されて、

久々にゴーギャンの絵画を鑑賞してみたくなったのです。

そして、更に単純な僕は

いつの日かタヒチを旅することを今から夢見ているのです。。。

 

帰りにタワ・レコに寄り、

新譜を2枚だけ買って、

更に古本屋に寄り、

ペーパー・バックの小説を2冊買いました。

最近、モームの他に、アルベール・カミュ (ALBERT CAMUS)

トルーマン・カポーティ (TRUMAN CAPOTE)

スコット・フィッツジェラルド (SCOTT FITZGERALD) の小説を

よく読んでいるのですが、

特にカミュ「異邦人」 (原題「L’ETRANGER」)

気に入っていて、

それと合わせてフィッツジェラルド

「グレート・ギャッツビー」(「THE GREAT GATSBY」)

それぞれ100円で売ってたので、

買って帰ったのです。

410211401709410206301309_1  

 

 

 

 

先に挙げた作家たちはそれぞれ出身国が違いますが

モームは英国、カミュはアルジェリア、

カポーティフィッツジェラルドは米国)、

僕は個人的にこの時代の作家が好きでよく読んでいます。

アメリカ文壇で言うところの、

いわゆる “ロスト・ジェネレーション” です。

特にアメリカ文学とロシア文学が好きなのですが、

それだけに括らず、

世界の名作たる彼らの作品が100円で手に入れられるなんて

なんて素敵なことでしょう!

  

さて、今から “チェルノブイリ” について

ネットで調べて勉強しようと思いますが、

ネット内に溢れる情報の取捨選択がイマイチ上手くできなくて

(情報が多くて、すぐに脱線していってしまうのです)、

個人的にネットを活用した勉強法が確立できてない状況です。

良い勉強法はないもんでしょうか?!

 

« 皆大好き GHOSTFACE | トップページ | LADIES LOVE ... »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立ち読みで過ごす午後 3:

« 皆大好き GHOSTFACE | トップページ | LADIES LOVE ... »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31