無料ブログはココログ

リンク

« WU-TANG のソロ活動 -中編- | トップページ | CLANの2軍、3軍、4軍 (2軍編) »

2006年2月 1日 (水)

WU-TANG のソロ活動 -後編-

引き続き、WU-TANG CLAN の本体メンバーの

ソロ活動についてそれぞれ紹介していきたいと思います。

最終となる後編の今回は、

RAEKWONGHOSTFACEMASTA KILLA

それぞれのソロ作品を紹介します。

 

まずは、切れ味鋭いフロウが超カッコイイ、

RAEKWON のソロ作品を紹介します。

「ONLY BUILT 4 CUBAN LINX」 (1995)

「IMMOBILARITY」 (1999)

「THE LEX DIAMOND STORY」 (2003)

Simg_t_oamg1921170046_1617jpg

Simg_t_oamg1921368584_1617jpg_3

 

 

 

 

Simg_t_ocatalog_m_t19220176351070938464j  

 

 

 

自身が傾倒する映画 「SCARFACE」 へのオマージュを

タップリと投影する彼の世界観は

その鋭角的な声質と切り裂くようなフロウに

正にピッタリだ。

WU と二枚看板でレーベル LOUD の隆盛を支えた

MOBB DEEP との交流も

RAEKWON の持ち味にハマってて

ほんと、シビレるくらいカッコよかったなあ。

そんな LOUD が消滅の憂き目に会い、

WU-TANG CLAN としても、

ソロとしての彼や INS の契約も打ち切られてしまい、

彼らの存在がシーンの片隅に追いやられてしまったのは

残念でならない。

ちなみに、1ST、2NDは LOUD から、

3RD は UNIVERSAL からドロップされているが、

2ND以降、RZA はおろか、

WU お抱えのプロデューサーが一人も参加してない。

噂では、もうすぐドロップされる 4THで再び、

RZA 製作曲上を RAEKWON のラップが駆け巡るらしい。

楽しみ! 

ちなみに、RAEKWON AMERICAN CREAM TEAM という

プロジェクトを率いていますが、

今のところ作品は出てないみたいです。 

 

続いては GHOSTFACE KILLA の作品の紹介。

「IRONMAN」 (1996)

「SUPREME CLIENTELE」 (2000)

「BULLETPROOF WALLETS」 (2001)

Simg_t_oamg1921625457_1617jpgSimg_t_oamg1921371407_1617jpg

 

 

  

 

Simg_t_oamg1921627497_1617jpg   

  

  

  

GHOSTFACE に対する

メジャー・アーティスト達からの信頼は厚い。

それはひとえに彼の創り出す世界が

唯一無二のオリジナルで、

しかも際立った存在感を放っているからである。

EPIC からドロップされた1STの出来は

特にズバ抜けているが、

2ND、3RDもそれぞれ高水準で、

より強固なプロップスを築き上げていく布石となった。

その布石があった上での

DEF JAM への移籍だったのだが、

彼の描き出す “泣きの美学” 的なスタイルが

911 以降の世相と上手くシンクロしたことも

より多くのプロップス獲得に繋がったのかもしれない。

「THE PRETTY TONEY ALBUM」 (2004)

Cd_prettytoney  

 

 

 

この作品は DEF JAM 移籍後に発表されたモノで、

一人の男の心情を更に赤裸々に描き出している。

この他にプロジェクトものとして、

THEODORE UNIT なるグループを設立して

「718」 (2004)

525963  

 

 

 

なる作品をドロップしている。

また、同グループのメンバーの一人

TRIFE DA GOD と共作という形で

「PUT IT ON THE LINE」 (2005)

Fcm6001cd  

 

 

 

という作品を昨年末に発表しているが、

これはまだ手にしていないので

現在探しているところです。

 

WU-TANG 9番目のメンバーとして

最後に紹介するのが MASTA KILLA です。

「NO SAID DATE」 (2004)

Simg_t_oamgsg34684zh2lsjpg  

 

 

 

遅れてきた男とは正に彼のことで、

WU デビューから10年という月日を経て

ようやくソロ・デビューなんだから、

呑気というか何というか。。。

地味、地味と言われ続けてきた彼だが、

その太い声質でモッチャリと尾を引くような

独特のラップはけっこう気になってたりしました。

オマケのDVDではステージ上で雄々しくスピットする

MASTA KILLA の勇姿が見られます。

さて、彼の次作が出るのは

また10年後なのかな?

 

 

と、まあこんなカンジで、

WU-TANG CLAN

いわゆる1軍メンバーのソロ作品、活動を

追って紹介してきました。

次回は、WU-TANG CLAN に所属する

2軍、3軍、4軍の作品について紹介したいと思います。

 

« WU-TANG のソロ活動 -中編- | トップページ | CLANの2軍、3軍、4軍 (2軍編) »

コメント

Ghostface新作出すみたいですね。2年間禁煙したんですってw噂だとPETE ROCKや蟹江のトラックがあるらしいです、
楽しみです!!
僕はRAEKWON も好きだったりしますww

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4428/575211

この記事へのトラックバック一覧です: WU-TANG のソロ活動 -後編-:

« WU-TANG のソロ活動 -中編- | トップページ | CLANの2軍、3軍、4軍 (2軍編) »

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31