無料ブログはココログ

リンク

« BIG SHUG (from GANG STARR FOUNDATION) | トップページ | アルカホリックス・ドリンキング! »

2006年1月14日 (土)

DISTURBING THA PEACE

全国区での強固な名声を手に入れ、

今や南部だけにとどまらない

HIP HOPの顔的な存在になった  LUDACRIS

そんな彼の率いる DISTURBING THA PEACE

二枚目となる作品

「LUDACRIS PRESENTS...

DISTURBING THA PEACE」

今回は紹介します。

H12532cpy8s  

 

 

 

LUDA に次ぐ稼ぎ頭だった CHINGY が抜け、

代わりに FIELD MOB が加入したクルーとしてのこの作品、

大将のキャッチーなイメージをそのまま踏襲したような

実にビビッドでカラフルな楽曲構成に仕上がっています。

主役はもちろん LUDACRIS なんだけど、

脇を固めるメンバーもそれぞれ個性的で実力派揃い。

新加入 FIELD MOBSMOKE

現在、俳優業と掛け持ちで大注目されてる

JAMIE FOXX をゲストに迎えたGEORGIA賛歌の②や、

非常にトリッキーなトラックの⑥、

BOBBY VALENTINO の流麗に歌い上げる⑬などで

アクの強い柔軟なラップ力を披露してくれる。

他にも、

硬派な雰囲気を醸し出す③での NORFCLK

ブルージーでめっちゃシブくてカッコいいビート上を

多少声に硬さが感じられるが、

見事に歌い上げる⑨の SHAREEFA 嬢らの活躍が素晴らしい。

すでにソロデビュー済みで、

デビュー・アルバムも好感触だった SHAWNNA の⑤なども

非常に高いクオリティーを感じる。

 

各楽曲の音質も、メンバーの立ち位置も悪くないと思う。

バラエティーに富んだ内容で、

しかも全体としてよくまとまったアルバムだ。

巷でのウケもきっとまずまずの成功は収めるだろう。

だが、このクルーの今後を考えた時、

良くも悪くも、

このクルーに対する LUDACRIS の絶対的な影響力が

各々のソロ活動にまでは上手く作用しそうにないところが、

なんとも惜しく思われる。

現に、先に書いた SHAWNNAI-20 のソロ作は

なかなかよい出来映えではあったが、

巷での評価はイマイチだった。

特に SHAWNNA はかなりよい出来だっただけに惜しい。

そういう意味では、

前述の脱退した CHINGY のポジションを埋められる才能を

いち早く発掘しないといけないというのが

このクルー、強いては LUDACRIS の命題かもしれない。

 

« BIG SHUG (from GANG STARR FOUNDATION) | トップページ | アルカホリックス・ドリンキング! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4428/343204

この記事へのトラックバック一覧です: DISTURBING THA PEACE:

« BIG SHUG (from GANG STARR FOUNDATION) | トップページ | アルカホリックス・ドリンキング! »

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31