無料ブログはココログ

リンク

« 3 KINGS 説 -キャノン篇- | トップページ | アナログ人間の言い訳 »

2006年1月25日 (水)

3 KINGS 説 -プレイヤー篇-

“3 KINGS” 説 について

残すところ最後のタイプ

“プレイヤー” 系 の特集を今日は書きます。

 

“プレイヤー” 系 の特徴は

イナタく華やかで、なおかつドープ。

自身のキャラクターの“表と裏”、“光と影”の両面を

巧みにコントロールし自己演出する術に長けている。

そこらにゴマンといるチャラいだけの遊び人気取りとはワケが違う。

 

“プレイヤー” 系 の初代KINGは

GRANDMASTER CAZ だそうです。

Grandmaster_caz  

 

 

 

 

 

CAZ といえば

COLD CRUSH BROTHERS のメンバーとして

オールド・スクール期の一角を担った男ですが、

音楽史上初となるラップでの大ヒット曲となった

SUGARHILL GANG 「RAPPER'S DELIGHT」

ライムの製作者としても有名です。

イナタいというよりは、

パーティー・ラップを鋭角的にえぐりこむような存在だった、

そんな印象があるんですけどね。

映画 「WILD STYLE」 にも登場し

メンバーらとともに鋭くライムをキックしている勇姿も

拝めたりできます。

 

二代目の “プレイヤー”

BIG DADDY KANE だ。

Bdk  

 

 

かつて、多くのラッパー予備軍がそのスタイルを崇め、

研究の対象とし、模倣しようとしていたカリスマが

KANE でした。 

一聴してそれと聴き取れる特徴的な声質も

リリックに耳を惹き付ける大きな武器になっています。

バトル・ライムだけでなく、

女子達をメロメロにとろけさせるスウィートな一面も

ズバ抜けていて、

まさに現在に引き継がれる

プレイヤー・スタイルの雛形を作ったレジェンドだ。

ライムを読んでると、

言ってることがいちいちカッコよくて

思わずうなっちゃいます。

 

三代目を受け継ぐ “プレイヤー” KINGは

JAY-Z です。

Jayz  

 

 

 

 

いわずもがなの巨星、JIGGA

引退を表明して一年以上経って今なお、

現在もシーンに強烈な影響力を持っている。

KANE の場合もしかりだが、

JIGGA も数多くの同業者から

そのライム・テクニックに称賛を送られている。

そんな彼は名実ともに

まさに“成功”の代名詞的な存在である。

“The, streets is watching, blocks keep clocking

Waiting for you to make your first mistake

(ストリートが見ている、一帯が固唾を呑んで

オマエが初めて間違いを犯すのを待っている)”

セカンド・アルバム内 「STREET IS WATCHING」 のフックだ。

緊張感あふれるストリートの環境を

切り口鋭くパンチを効かせ、

しかもホットでキャッチーなラインにして産み出すその能力こそが

彼の才能なのである。

 

それで、前回と同じように

8年周期という説は無視して、

現在のシーンにおいて

JIGGA から継ぐ “プレイヤー” 系 “3 KINGS” の一人は

一体誰に相当するだろうか?

・・・・・

これが一番難しい。

僕はこの一年近く、

暇な時はこの問題について真剣に考えてきたのだが、

果たして誰が現行シーンの “プレイヤー” 系 KINGに相応しいか、

ずーっと悩んでいるんです。。。

(↑アホです。いつも本気でこんなことばかり考えてる。

ちょっと頭イタい人間なんですね。)

 

で、今回、暫定的に(←この表現からしてアホ丸出し!)

四代目の “プレイヤー” に推そうと思うのが

50 CENT です。

P41602oyoc1  

 

 

 

 

50 のスタイルが “プレイヤー” スタイルなのかどうかは

はなはだ疑問ではありますが、

彼の実力とシーンに与える影響力は

“3 KINGS” の一人に加えて差し支えないほどに

強固で強力なモノだと思います。

あるいは、彼は “キャノン” タイプのMCかもしれませんが。

となると、昨日の記事

“キャノン” 四代目のKINGとして書いた LUDACRIS が

実は “プレイヤー” 四代目に相応しいのか・・・?!

・・・ここにきて話がほつれてくるなんて。

とにかく、

この記事を書いている今現在の時点で、

暫定として、

四代目 “プレイヤー” 系 KINGに

50 CENT を挙げておくことにしましょう。

・・・・・

・・・・・

・・・・・

最後の最後でウダウダになってしまった

今回の “3 KINGS” 説 についての検証でしたが、

皆さんのご意見をぜひ聞いてみたいです。

 

« 3 KINGS 説 -キャノン篇- | トップページ | アナログ人間の言い訳 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3 KINGS 説 -プレイヤー篇-:

« 3 KINGS 説 -キャノン篇- | トップページ | アナログ人間の言い訳 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30