無料ブログはココログ

リンク

« 3 KINGS 説 -リリシスト篇- | トップページ | 3 KINGS 説 -プレイヤー篇- »

2006年1月24日 (火)

3 KINGS 説 -キャノン篇-

“3 KINGS” 説 について

今日は “キャノン” 系 の特集です。

 

“キャノン” 系 の特徴は

とにかくデカいことを直球的に吐き出すスタイルだ。

その魅力は、

ストレートなメッセージ性と、

インパクトのデカさに尽きるだろう。

 

“キャノン” 系 の初代KINGは

GRANDMASTER MELLE MEL だそうだ。

Mellepage_02  

 

 

 

MELLE MEL といえば

GRANDMASTER FLASH & FURIOUS FIVE の名義で出た

「THE MESSAGE」

何と言っても有名だろう。

この曲のリリックは MELLE MEL が

書き起こしたものだと言われている。

朴訥ながらに語られるこの抒情詩からは

荒廃した70年代末のN.Y.の街並みが

まざまざと目に浮かんでくる。

そのストレートな情景描写は

擦り切れた圧迫感を心に想起させるだろう。

まさにストリートからのストレートなメッセージだ。 

 

二代目の “キャノン”

KRS-ONE です。

Sqkrsonefence   

  

  

 

彼ほど伝説の逸話の多い男は他にいないだろう。

グループとしてよりソロとしてのキャリアの方が

長くなってきた KRS だが、

キャリアのピークとしてはやはり、

BOOGIE DOWN PRODUCTIONS 時代になるだろう。

他のラッパーどもを軽くなぎ払い、

政府と権力に噛み付く

まさに歯に衣着せぬ物言いは

ダイレクトに人々の心に打ち響いた。

デカイ声に単純な言葉を使っての言い回しは、

単調になりがちなところだが、

あくまで勢いで聴衆を惹き込んでしまう

その力技こそ彼の真骨頂と呼べるだろう。

現に、英語力の拙い僕にさえもそのメッセージが

届いてくるのが何よりの証拠!

 

3代目を次ぐ “キャノン” 後継者は

THE NOTORIOUS B.I.G. です。

Notorious_big_mktg  

 

 

 

僕が個人的に一番好きなラッパーが彼なのですが、

彼の太い声質、キャッチーでなおかつハードコアなキャラクター、

スキルフルなフロウに

とどめのウィットの利いたパンチラインがもう、

他のどのラッパーからも次元を超越して際立っていました。

彼の存在がこのシーンに与えた影響の大きさは

良くも悪くも時代を変換させたように思えます。

それにしても、BIGGIE ほどセルフ・ボースティングに優れ、

言ってることが実に粋に映えるラッパーはいないでしょう。

なおかつ時折織り込まれた

ストリートの苦い現実を実に巧みに映像化させる。

“Yeah, this album is dedicated to all the teachers that told me

I'd never amount to nothin'

(そう、このアルバムはオマエなんて結局何にもなれないと

オレに言いやがったすべての先公どもに捧げるアルバム)”

なんて、「JUICY」 のイントロ部分の一節だけど、

これだけでシビレちゃうよね。

 

それで、前回と同じように

8年周期という説は無視して、

現在のシーンにおいて

BIGGIE から継ぐ “キャノン” 系 “3 KINGS” の一人は

一体誰に相当するだろうか?

 

4代目に僕が推したいのは

LUDACRIS です。

Sqludacristanktopleaningeuf  

 

 

 

LUDA は決して

リリシストとして優れたラッパーというのではありません。

先の3人に比べてメッセージ性に欠けるところが

大きいと思われます。

しかし、何より上手い!

一聴して耳にこびりつくフレーズの残し方は

他に類を見ないほど緻密に計算されつくした巧みさを伺わせます。

マス・アピール仕方を十分に心得た

まさに時代の寵児的な存在だと思います。

ちなみに、三代続いた生粋のN.Y.っ子による

“キャノン” の系譜も

今の時代に鑑みるとやはりそのタイトルは

他の都市への流出もやむをえなく、

そうして全米規模で見ても、

やはりこの系譜の後継者は

LUDACRIS 以外に見当たらないのではないかと思われます。

 

さて、皆さんのご意見は?

 

« 3 KINGS 説 -リリシスト篇- | トップページ | 3 KINGS 説 -プレイヤー篇- »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3 KINGS 説 -キャノン篇-:

« 3 KINGS 説 -リリシスト篇- | トップページ | 3 KINGS 説 -プレイヤー篇- »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31