無料ブログはココログ

リンク

« M.O.P. | トップページ | O.C. »

2005年12月 6日 (火)

BUN-B ~今年はH-タウン (HUSTON) の年!~

2005年はどんな年?と言って、

まず、一番に浮かぶのは、

なんと言っても、ズバリ、

“今年はH-タウン (HUSTON) の年!”

だったでしょう。

年の頭から、

GETO BOYS の再結成に始まり、

SLIM THUG は、

THE NEPTUNES のレーベル

STAR TRAK から全国区へと大きく羽ばたき、

そして、

MIKE JONES は驚異的な大成功を収め、、、

・・・・・

 

いつになく注目を浴びてきたかの地から、

それこそ良質の作品が次々と発表され、

H-タウンの層の厚さに、

改めて舌を巻く思いだった。

そんな中での、

ご当地でも伝説的なラップ・デュオ

UGK の片割れ、

BUN-B の初ソロ作

“TRILL” を今日は紹介したい。

H05558op4o1  

 

 

 

BUN-BPIMP C からなる UGK は、

PIMP C がムショ勤めに出向く事になり、

それがキッカケとなったかどうかは

定かではないが、

それぞれソロ作品を今年になって

ドロップする事になった。

PIMP C は今年の6月頃に出している。)

 

で、BUN-B の本作の感想だが、

さすがと言うか、

それこそ

H-タウンのリヴィング・レジェンドとして、

その名にたがわぬ素晴しいデキで、

次に挙げる超豪華ゲスト陣の

本気度120%の仕事からみても、

CDプレイヤーから湯気が出てきそうなほど、

とにかく熱い!

 

ゲストは、H-タウンから

相棒 PIMP C を筆頭に、

LIL' KEKELIL' FLIP

Z-ROBIG MO

MIKE JONESPAUL WALL

SLIM THUGCHAMILLIONAIER

それに“元祖H-タウンの顔”

御大 SCARFACE らが参戦。

南部から集結したゲスト陣には、

LUDACRISMANNIE FRESH

BABYJAZZE PHA

YING YANG TWINST.I.

JUVENILE に、

この秋から大ブレイクした

YOUNG JEEZY まで登場。

更に、

西から TOO SHORT

東から JAY-Z まで迎え、

もう、このメンツの揃いだけでも、

興奮して鼻息が荒くなってしまう。

それがまた、字面だけじゃなくて、

一つ一つの仕事に込められた

気迫に鬼気迫るもの感じてしまいます。

そして、

これだけのゲスト陣を迎えて、

主役の座を喰われるどころか、

逆に料理してしまってる BUN-B の実力を

今更ながらに再認識する次第です。

。。。

H-タウンに捧げる愛情を

“H-タウン・オール・スターズ” な形で、

⑯で表してるってのが、

まさに感動モノです。

 

今後も続くであろう

H-タウン勢の全国区戦略から

まだまだ目が離せません!

« M.O.P. | トップページ | O.C. »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4428/65370

この記事へのトラックバック一覧です: BUN-B ~今年はH-タウン (HUSTON) の年!~:

« M.O.P. | トップページ | O.C. »

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31