無料ブログはココログ

リンク

« 新譜の調達 | トップページ | 2005年の締めは LIL' WAYNE! »

2005年12月24日 (土)

B.I.G. FOREVER !!

P. DIDDY が “DIDDY” に改名した、

なんてニュースはどうでもいいけど、

なぜ、このタイミングで、このアルバムを出したのか?

彼の意向がさっぱりわからん。。。

 

ということで、今回紹介するのは、

僕にとって “ナンバーワン・ラップ・アイドル”

THE NOTORIOUS B.I.G. の4作目となる

「DUETS -THE FINAL CHAPTER-」 です。

Biggiecover  

 

 

 

何かと比較される 2 PAC とは違って、

BIGGIE の場合、未発表の収録曲ってのが全然少ないので、

この4作目も前作同様、既製のヴァースを使い、

最新のビートと最新のゲストを大量投入して、

脇をガチガチに固めてムリヤリこしらえた感のいなめない、

そんな作品に仕上がっていて、

聴いていて何だかガッカリしちゃいます

・・・・・

そんな結果は

一聴するまでもなくわかりきっていたハズなんだけど、

それでもやっぱり彼のファンとしては

チェックせずにはいられなかった。

 

・・・・・

 

いわゆる “ブレンドもの” というか

REMIX の態で全編構成されてるのは当然なのですが、

聴いてて、2,3のヴァースは初めて耳にするものがありました。

で、全体的に BIGGIE のラップと最新のビート群との間に

どうしてもタイム・ラグ的な違和感を感じずにはいられなかった。

この際、ゲストなしの全編ブレンドにしてしまった方が

逆に良かったんじゃないか?とか思えるほど、

豪華絢爛なゲストもあまり耳に付かず淡々と流れていってしまう。

色んな意味でもったいないよな。

僕は BIGGIE の天才性を目暗滅法に信奉しているからこそ、

DIDDY の仕事に対し、

腹立たしいまでの憤りを感じてしまう。

まるで BIGGIE の栄光に泥を塗っているように思えてならない。

 

そんなネガティブな感想がどうしても前に出てくるんだけど、

中にはまあまあ聴けるのもあって、

元妻の FAITH EVANSTHE GAME が参加した⑧なんかは

ゲストと楽曲と BIGGIE のヴァースが

珍しく良い方向でフィットしていると思える希少なモノだったし、

③で参加する TWISTABONE THUGS N HARMONY は、

かつて “元祖早口ラッパー” の冠をかけて

ビーフがあったもの同士の競演とあって、

楽曲意外のところで興味が惹かれたりもした。

あと、⑮の T.I. SLIM THUG の参加も。

まさか BIGGIE もこんな形であれ、

SLIM THUG とコラボするコトになるなんて、、、ねえ?

 

かなり辛口な評価となりますが、

天才の彼なれば、

生きてりゃこんな駄作は出さないハズ!

本作は、余程の BIGGIE ファンにしかお勧めできません。

BIGGIE の作品を未聴の方は、

ぜひ彼の1ST 「READY TO DIE」

および、2ND 「LIFE AFTER DEATH」 をお聴きください。

 

R.I.P. BIGGIE ! 

« 新譜の調達 | トップページ | 2005年の締めは LIL' WAYNE! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4428/142576

この記事へのトラックバック一覧です: B.I.G. FOREVER !!:

« 新譜の調達 | トップページ | 2005年の締めは LIL' WAYNE! »

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31