無料ブログはココログ

リンク

« 2005年ベスト・シングル トップ10 | トップページ | 2005年ベスト・アルバム トップ10 (後編) »

2005年12月30日 (金)

2005年ベスト・アルバム トップ10 (前編)

2005年も残すところ、あと一日と数時間となりました。

そんな今年を総括する意味で

勝手なランキングを独断と偏見をフル活用して

“2005年ベスト・アルバム トップ10” の

10位から6位までを厳選し、発表したいと思います。

 

では、

第10位 YOUNG JEEZY

「LET'S GET IT : THUG MOTIVATION 101」

DEF JAM

G92974a2u80 

 

 

 

BAD BOY から BOYZ N DA HOOD のメンバーの一員として

あまりパっとしないメジャー・デビューを果たしてましたが、

何故か、ソロ作は DEF JAM からのデビュー。

コレが当たりまくり、先のグループをいち早く脱退。

グループ作の凡庸さがあって、あまり期待してなかったのですが、

コレがかなり良い出来で驚いてしまった。

 

第9位 TONY YAYO

「THOUGHTS OF A PREDICATE FELON」

G-UNITINTERSCOPE

G95677ey3nm  

 

 

 

何かと下世話な話題ばかり先行していた彼だが、

個人的には、実は彼のラップ・スタイルが、

正規 G-UNIT メンバーの中では一番好きだったりします。

飾り気のない無骨なスピットが繊細なビートと絡む、

その恍惚的な瞬間がたまらないですね。

相変わらず、G-UNIT 関連は作品のクオリティーが高い!

 

第8位 Z-RO

「LET THE TRUTH BE TOLD」

RAP A LOT

25320932  

 

 

 

H-TOWN (いわゆるヒューストン) の層の深さを思い知った一枚。

彼の巧みなフロウはまさに変幻自在で、

その実力に見合った実にバラエティーに富んだ楽曲群が並ぶ。

中でもイナタく、メロウな楽曲との相性が絶品です。

 

第7位 THREE 6 MAFIA

「MOST KNOWN UNKNOWN」

HYPNOTIZE MINDSSONY URBANCOLUMBIA

Mostknownunknown_1  

 

 

 

この作品に関しては以前に書いたレビューを参考にしてください。

とにかく良かった。

 

第6位 DJ QUIK

「TRAUMA」

MAD SCIENCE

597138_1  

 

 

 

豪華ゲストを一手に引き受け

それぞれの個性を十二分に活かしつつ、

トータルとしての統一感に純然とした “QUIK色” を貫く。

仕事人としての彼の歴史の集大成と言っても過言ではない

スバラシイ仕上がりに感服してしまう。

 

明日は、2005年の総決算ともいえる

“2005年ベスト・アルバム トップ10”の

5位から1位を紹介します。

お楽しみに!

 

« 2005年ベスト・シングル トップ10 | トップページ | 2005年ベスト・アルバム トップ10 (後編) »

コメント

はじめまして。僕は、HIP HOP初心者なのでこのブログ参考にさせていただいてますww
最近は90年代のHIPHOPを聴きまくってます。なので今年のものはあまり聴いてないのですが、個人的な今年の一番はやはりGAMEでしたww

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2005年ベスト・アルバム トップ10 (前編):

« 2005年ベスト・シングル トップ10 | トップページ | 2005年ベスト・アルバム トップ10 (後編) »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30